お節介の”たられば”

黙って聞くって難しいです。「こうすれば?」「ああしたら?」良かれと思っての助言が相手にとっては苦痛になることがあります。自分が喋りたいことは取り敢えず置いといて、当の本人のお話を黙って聞いてあげましょう。