「お父さん」にしかできないこと

お父さんにも役割を!お父さんと子どもの距離を縮めるも遠ざけるもお母さん次第です。家の中からお父さんの居場所を奪わないためにも、自分でやった方が早いなんて言わずに、お父さんにも役割を分担してもらいましょう!

いじめは100%いじめる方に問題がある。何があろうといじめていい理由などないのだ!

私の過去の過ちです。 いじめの大小を決めるのは“いじめた側”でも“見てた人”でもなく“いじめにあった本人”です。はたから見れば『あんなことで?』と思うような出来事でも、その子にとっては毎日毎日我慢して来て限界に達した瞬間なのかも知れません。

変質者から我が子を守るには

子どもに教えておくべきことは、優しいおじさんやお兄さんこそ本当は怖い人かも知れないということ!変質者がみんなサングラスで黒づくめの怖い人というのは思い込みです。触れるくらいの位置に近づく大人は怖い人だと教えましょう!

実父の急性膵炎闘病記(1/3)

数年前に実父が急性膵炎で入院していた43日間の実録です。 父が入院した2日後くらいに急に思い立ち、毎日コツコツと闘病記録を日記に記していきました。直筆日記の画像を貼り付けているので見づらい箇所もあると思いますが、そのまま掲載しています。